2019年スタート!:那須建設株式会社|現場からの便り

住宅事業部|土木・建築|現場からの便り|会社案内|HOME
住宅事業部 土木・建築 現場からの便り 会社案内 HOME
那須建設株式会社
長井市屋城町7-1 [MAP]
本社:0238-84-1123
土木:0238-87-4155
建築:0238-87-4156
FAX:0238-84-6296
IP:050-3387-2606
那須建設株式会社|ケータイサイト 那須建設株式会社|RSSフィード
Contents 850
Today 413
Yesterday 26
Access 2,538,852
Powered by samidare
2019年スタート!


みなさん、こんにちは!

2019年も始まりもう1ヶ月が過ぎようとしています。
遅ればせながら、本年もどうぞよろしくお願い致します。

さて、複合施設建設現場はというと・・・
完成に向けて日々奮闘中!
今年は雪が少ないと言われるものの、やっぱり除雪作業は必須(T_T)
除雪作業も増えましたが、作業は今日も進められています。


今回はエネルギー棟のご紹介をしたいと思います。
エネルギー棟とは複合施設の暖房設備に使われる温水を作り出す設備が収納されている建物です。
こちらの設備はバイオマス燃料を燃焼させて温水をつくります。

バイオマス燃料とは動植物が持つエネルギーを利用した燃料のことを言います。
木くずやわら、動物のふん、食品の生ゴミなどを利用してエネルギー資源にできます。
二酸化炭素の排出量もおさえられたり、石油燃料に代わるものとして注目されているようです。


この複合施設では木のチップを使用しますよ。


ちょっと遡りながら現在までの経過をご紹介していきますね♪

2018年8月


エネルギー棟の建設地です。 矢板打ち込み完了。




2018年9月
コンクリート打設開始。






2018年10月
基礎配筋の様子です。




2018年11月
外部足場が組まれ、木工事が始まりました。



2018年12月
内部の様子。




塗装工事の様子。
ひとつひとつの工程を経て、キレイに仕上げられていきます。






こちらは屋根工事。 防水シートを貼っています。






建物の外観が見えてきましたね!



そして
外部足場を解体すると・・・

エネルギー棟 完成しました!



高いシャッターを開けると内部はこのようになっています。



なぜ、こんなにシャッターが高いかというと・・・
チップの搬入時にトラックから効率良く投入できるように、
またチップがより多く収納できるよう、ゆったりとしたスペースが確保されています。

この開口部に木質チップが収納されます。




ボイラーや配管設備の整備など、建物内部の設備接地も進んでおりますよ。


こちらがバイオマスボイラーの機械です。




こちらは蓄熱タンク。
今回使用している機械は海外製のもので構成されています。

ここまでご紹介した作業のほかにも、複合施設同様、いろんな業種の作業があり
それぞれの作業をすべてご紹介はできませんが、ひとつひとつの作業を進めております。